トップ > 薄毛・抜け毛のお役立ちコンテンツ > 薄毛・脱毛の仕組み

薄毛・抜け毛の仕組み

薄毛にはどんな種類があるの?

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 脂漏性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 老人性脱毛症
  • けん引性脱毛症
  • 分娩後脱毛症

他にも

  • 甲状腺疾患によるホルモン異常で起こる脱毛
  • 病気の治療薬で起こる脱毛
  • 過度なダイエットによる栄養不足から引き起こされる脱毛
  • ヘアカラーやパーマにより髪が極度に傷んで起こる脱毛

等、様々な種類があります。

どうして脱毛は起こるの?

脱毛の主な原因とは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という非常に強力な脱毛酵素が 発生することによって脱毛サイクルに陥るからです。

一度狂ってしまった歯車を元に戻すには、細胞に働きかけを行わなければなりません。 つまり、毛母細胞の活性化がなければ発毛サイクルは戻らないということになります。

正常な発毛サイクルは
「成長期」⇒毛母細胞が増殖することにより新しい毛髪が生成される。…約5年
「退行期」⇒毛母細胞の成長が止まる。それに伴い毛根は浅くなる。…約3週間
「休止期」⇒寿命を終えた毛髪が抜ける。…約3ヶ月
となっており、成長期が最も長く、毛髪が抜け落ちてもすぐに新しい毛が生えてきます。

しかし、この正常な発毛サイクルが乱れると、成長期が短くなり、成長しきる前の産毛の状態でで毛髪が抜け落ちてしまい、 次の発毛までも時間がかかるようになってしまいます。

薄毛や抜け毛を抑えるにはどうすればいいの?

頭皮の血行を良くし、毛母細胞を活性化することによって発毛サイクルの乱れを整えられると言われています。

しかし!
育毛剤や育毛効果のある薬の使用を止めてしまうと「抜け毛のリバウンド」が起こると耳にしたことはないでしょうか?

正確には、育毛剤や育毛効果のある薬を使用する前の薄毛の状態に戻ってしまうとことを意味します。

製品によっては耐性があり、1~2年で効かなくなってしまうこともあるそうです。

結局どうすればいいのか。

育毛剤や育毛効果のある薬を使用する間にも体質改善を心がけ、発毛しやすい健康体になることで、 抜け毛のリバウンドを予防できると考えられます。
サプリメントは、髪に良いと言われている栄養素で発毛しやすい健康体になるお手伝いをします。

お役立ちコンテンツメニュー